About This Site

写真は時空を超え、被写体と人・空間をつなぐエネルギーの出口であり、入口だと感じています。
ですから自分はその透明なパイプ役になり、一瞬のいのちの輝きを写し撮り伝え、観る人・飾る空間に本来の愛と調和をもたらすことを共通のテーマにしています。
見えない一人一人の心が、この3次元の世界を創造し、また破壊もしていると俯瞰する時、真のアートとはなんだろうか?と、思います。
大自然の一部として"今"生かされていることの素晴らしさや勇気を喚起させるものを創り続けていきたいと願っています。

Photographs transcend space-time. They are exits and entryways for energy that connects their subjects with people and with space. Accordingly, I assume the role of an invisible pipeline in this, capturing and communicating single glittering instants of life, making a shared theme of the act of imbuing innate love and harmony into the viewing person and the embellished space. When each person's unseen heart commands a bird's-eye view of the creation or destruction of this three-dimensional world, thoughts turn to contemplation of the true nature of art. My hope is to continue creating works that evoke the magnificence and courage of giving life to the "now" as one fragment of nature.



澤野新一朗

Facebook